結論から言うと、この異臭の正体は「硫化水素ガス」です。 劣化バッテリー又は不良バッテリーを充電している時に発生します。 (実は問題がない普通のバッテリーでも充電中は「水素ガス」が発生しているのですが、こちらはほぼ無臭) この現象は、主に充電中に起こります。電解液が減ってしまうのは、バッテリが持つ容量以上に電気エネルギーが加えられた時(過充電時)、液中の水が酸素ガスと水素ガスに分解されてしまうためです。特に高温の場合には、液が減る量も多くなります。 vrla (制御弁式)は、充電方法が通常のバッテリーに比べ非常にデリケートです。 サルフェーションによる. 過充電状態が発生している場合です。 ですが、普通に利用している車の場合. バッテリー充電時の時、6個のキャップを外すせとか緩めろとかよく聞きますが、自動車に搭載中のバッテリーはキャップが閉まったままで大丈夫なのに、 どうしてバッテリー充電器で充電中はキャップを緩めないといけないのでしょうか? 使用中のバッテリーであれば、 過充電 の恐れがあります。 レギュレータのパンクにより規定範囲を超えた充電電流が流れている可能性がございますので、車両点検が必要です。. 過充電とは?過充電すると何が起こる? 最近では、リチウムイオン電池の発火事故なども多く発生し、電池の安全性への関心がみなさん高まっているかと思います。 リチウムイオン電池の安全性を評価する試験として、安全性試験と呼ばれるものがあります。 過充電になっている可能性があります。 充電制御の不具合や. しかし、過充電や気候などの変化によりバッテリー液の温度が高くなった場合は、多くのガスが発生しますが、吸収するガスよりも発生するガスのほうが多いと徐々にバッテリーが膨らみ爆発寸前となります。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2021 バッテリーマスターズ【バイクバッテリーの教本】.All Rights Reserved. バッテリーの充電時には、水素ガスが発生します。 充電作業は、換気の良い場所で十分注意して行いましょう。 開放型の場合は、液口栓は外して充電し、終了後は30分程度待ってから栓を締めます。 「それではいつまで経ってもサブバッテリーは満充電になりません。」zap1のブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ! 過充電されたバッテリーは、電解液面が低下するばかりでなくガス発生の増大により異臭を伴った酸霧が液口栓の排気孔から飛散したり、電解液面の上昇により液があふれたりして、取付金具などの金属類の腐食および液リークによる焼損の原因となる。 過充電が引き起こす症状. ‚éuScanditv, AR^MR‰ÂŽ‹‰»ƒ\ƒŠƒ…[ƒVƒ‡ƒ“‚ɈʒuŽw’èARƒ}[ƒJ[‹@”\‚𓋍Ú, ‘º“c»ìŠ‚ª‘SŒÅ‘Ì“d’r‚ð—ÊŽY‚ց^ƒ\ƒj[»STT-MRAM‚ªSSD‚É, …’Ž–ò‚ւ̐‡–°–ò¬•ª¬“ü‚Í‚È‚º‹N‚«‚½‚Ì‚©A‘g—§»‘¢‹Æ‚àÄ‚ы݂𐳂¹, 2021”N‚͍Hê“à‚ł̉f‘œŠˆ—pŒ³”N‚©\\V”N“W–]‚±‚Ú‚ê˜b, u2025”N‚ÌŠRvƒŒƒ|[ƒg‚́gŽ¸”sh‚¾‚Á‚½‚Ì‚©. バッテリー充電時の注意点 ①禁煙(火気厳禁) 爆発の危険性がある。 理由 充電中(特に充電終期)は、引火性のガス(水素)が発生。 きわめて引火性が高く、危険。 事故例 充電完了時に液面の確認をしようとしたが、暗かったために 過放電、過充電の状態が続くと、急速に劣化が進みます。その結果、バッテリーの容量も急速に減ってしまうのです。また、過放電や過充電の状態だと、通常利用時より多くのガスが発生し、これがバッテリー自体を膨らませる原因となります。 原因. 車から酸っぱい硫黄の臭いがしたら、バッテリーが過充電を起こしている可能性が高いです。 過充電を起こしている場合、バッテリー内部で大量のガスが発生しています。走行を続けると、バッテリーが破裂する危険性をはらんでいます。 目・・・ ツアラータイプとしてはトランクルームを持つ(邪道な?^^;)バイクとして不人気?なスズキのアクロスに乗っております。 昨日,またまたバッテリーを上げてしまいました。スズキ特有の?例のキーの位置で駐車灯がつきっぱなし状態 ・過充電による大量のガス発生時には、安全弁からガスを逃がします。・vrla(制御弁式)に6vのものはありません。全て12vのラインナップとなっています。※注意点。vrla(制御弁式)は、充電方法が通常のバッテリーに比べて非常にデリケートです。 スマホの正しい充電の仕方はご存知ですか?スマホのバッテリーを長持ちさせるためには、充電時のちょっとした気遣いが大きな意味を持ちます。充電する際にngなことと一緒に整理しつつ、残り何%で充電すればいいのかなど、正しい充電方法を考えてみます。 フル充電が完了しているのに充電をし続けてしまうことを 過充電 といって、これは バッテリーの寿命を縮めてしまう 要因の一つです。 リチウムイオン電池の異常時に発生するガスの成分は?吸うと危険? リチウムイオン電池は高電圧、高容量、高エネルギー密度、長寿命などのメリットがあるためスマホバッテリーや電気自動車搭載電池、家庭用蓄電池などの採用されています。. とても便利な機能でもありますので、そのままにしておきましょう。, トラックに乗ったことがある人は分かると思いますが、ディーゼルエンジンはとても振動がすごく車両全体にまでその振動が伝わります。, それだけでなく、荷物を載せたり現場で走行したりと使用環境も異なるため、バッテリー自体が受ける衝撃も半端ないものがあります。, 常に振動で揺らされているバッテリーは、内部が破損しやすくまた液の減少も通常より早い傾向にあります。, そのため、液の補充などのメンテナンスができる他、寿命も長く維持でき、価格も比較的安いのでディーゼル車には開放型バッテリーが適していると思います。, 最近では、メンテナンスフリーのバッテリーが主流になっておりますが、すべてのバイクや車などに密閉型(MFバッテリー)が適しているわけではありません。, 開放型バッテリーのように、きちんとメンテナンスをしていれば、5年や6年といった長寿命バッテリーも存在します。, 一方、密閉型バッテリーは使う環境や使用頻度によって寿命にバラつきがあり、急にバッテリーがダメになることがよくあります。, そのため、このメーカーのバッテリーは良くないといった口コミも目立ちますが、それは液の補充などのメンテナンスができないことや適していない車両に搭載されていることが理由かと思います。, もちろん、値段相応で使っている素材や部品で寿命が変わることもございますが、メンテナンスができないといった密閉型バッテリーのデメリットについても覚えておきたいところです。. 過充電による大量のガス発生時には、安全弁からガスを逃します。 vrla (制御弁式)は全て12vのラインアップとなっています。(6vはありません。) 製品ページ ※注意点. よりガス発生量が多くなるのは「過充電」や「過放電」と呼ばれる状態のときです。 ガスを発生させる、過充電と過放電 1 | 2 次のページへ 壊したり過充電を行った場合、又は高温にさらされた場合に水素ガス、酸素ガスを発生させる事があります。 安全確保の為バッテリーを取り扱う際には火気、スパーク等にご注意下さい。 又、火中に投入する事もお止め下さい。 しかし、MFバッテリーは密封されている為、水素ガスの発生を抑えなくてはなりません。そこで、通常の鉛バッテリーの充電電圧である14Vよりも高い15~16Vと高い電圧にして、逆に充電の電流を抑えることでガスの発生も抑えています。 agmバッテリーは密封されていますので、充放電時の内圧変化を樹脂製ケースの伸縮で吸収しています(過充電などによる高圧発生時は密封バルブから内部ガスを排出する構造になっています)。 過放電や充電不足の方が. バッテリーの劣化で. バイクや車のバッテリーを選ぶ時に、まず密閉型と開放型のどちらにするか迷いますよね?, そこで、 夏キャンプ2日目にそれは起きた。サブバッテリーの膨張だ。それはまるで孫悟飯に追い詰めれたセルが自爆するかのごとく膨れ上がった姿か、はたまたお母ちゃんの水着姿か。かつてない絶望感が君を襲う。記事内容バッテリー膨張までの経緯なぜ過充電が起きたのか? 次に過充電ですが、充分に充電された満充電状態の時にさらに充電を重ねるとバッテリー内部で充電時における化学反応が進み、水素ガスの大量発生やそれによるバッテリーケースの膨張など、これも寿命を一気に縮める原因となってしまいます。 ガスの発生を減らし容器を密閉できるようにしたもの。充電時に発生する水素ガスと酸素ガスをカルシウムを含む極板により水に戻す 。補水は不要、すなわちメンテナンスフリー (mf) バッテリーとなる。 新品バッテリーの場合、液を入れてすぐに蓋をすると、ガスが抜けずに膨らむことがあります。 私しょうへいが、密閉型と開放型のメリットとデメリット、そしてバッテリーを選ぶ際のポイントについてご紹介させていただきます。, 実は、「メンテナンスフリーの密閉型を搭載したほうが良い車両」や「開放型にしたほうがいいんじゃない?」っていう車両もあるんですよ。, 密閉型バッテリーはいわゆるメンテナンスフリーバッテリー(MFバッテリー)ですので、1度取り付けたらバッテリーが寿命を迎えるまで、そのバッテリーをさわることはありません。, 一方、開放型バッテリーは充電されている間、バッテリー内部で発生したガスを常に通気孔から逃がしているため、逃がしたガスの分だけ液の補充(精製水)をしないといけません。, また、開放型バッテリーは定期的に比重を測る必要があり、比重が低い場合は電解液を補充するといったメンテナンスも必要になってきます。, 逆に、密閉型のようなメンテナンスができないバッテリーは、液が減っていても補充をすることができないため、ある日突然寿命を迎えます。, 密閉型バッテリーも充電時にガスが発生しますが、構造上発生したガスは吸収される仕組みになっております。, しかし、過充電や気候などの変化によりバッテリー液の温度が高くなった場合は、多くのガスが発生しますが、吸収するガスよりも発生するガスのほうが多いと徐々にバッテリーが膨らみ爆発寸前となります。, そのため、密閉型バッテリーの上部には、爆発の危険を避けるため、ある一定以上の気圧になるとガス抜き弁が開放され外にガスが放出される仕組みです。, そうなればもちろん、放出されたガスの分だけバッテリー液が減少し、そしてバッテリーの比重が高くなってしまいますよね。, 比重が高くなったバッテリーは、希硫酸の濃度が濃くなり、腐食性が強く、電極板の劣化を早めてしまいます。, ほとんどの密閉型バッテリーの本体が真っ黒なのは、液が減少していてもメンテナンスをすることができないため、あえて内部を見えなくしている。ということかもしれませんね。, これは私の経験ですが、比較的価格が安い密閉型バッテリーは、発生したガスの吸収能力が低い傾向にあります。, なので密閉型バッテリーを購入される場合は、失敗しないためにもそのバッテリーの性能や品質の見極めやレビュー評価などが重要になってくるでしょう。, 実は、密閉型バッテリー(メンテナンスフリー)はどの車両に取り付けても良いというわけではありません。, 純正で取り付けてあったバッテリーが開放型なら、開放型バッテリーが適していると言えます。, エンジンによっては充電制御方法などの設計条件が異なり、特に古い車両に関しては過充電になる傾向があります。, なので、純正でもともと開放型バッテリーが搭載されていたのであれば、ガスが大量に発生しても大丈夫なように、液の補充ができる開放型バッテリーのほうが適しています。, 一方、比較的新しいバイクや車に関しては、電子制御などコンピューターによって管理されているため、過充電になりにくく又一定の電圧を保つことができるためメンテナンスフリーの密閉型バッテリーでも問題がありません。, 液面センサーが搭載されている車両には、開放型バッテリーしか取り付けることができません。, 厳密には、密閉型(MFバッテリー)のバッテリーも搭載は可能なのですが、その際はずっと警告灯が表示されたり、警告音がなったりします。, 対策としては、液面センサーを車両のマイナスアースに取り付けたりといったことができますが、故障の原因になりますので、辞めておいたほうが良いでしょう。, 液面センサーが搭載されているということは、何かしら理由があります。 よくある質問ページです。自動車用バッテリー国内シェアNo1・バイク用バッテリーグローバルシェアNo1のジーエス・ユアサのバッテリー。世界19カ国37拠点でバッテリーを提供し、さまざまな二次電池を取り扱っています。 海上でジェットスキー(水上バイク)のバッテリーが上がった時の対処方法!最低限必要な備品とは, 【プロが教える】バイクのバッテリー充電器おすすめランキングTOP5!必ず必要な機能と選び方のポイント, 【保存版】66010-97、ハーレーダビッドソン専用のおすすめバッテリーを公開!!失敗しないバッテリーBest5, 【寿命が長い!?】ニンジャ400Rのおすすめバッテリーとは?適合型番や価格、充電の方法, 【おすすめは?】Ninja.ニンジャ250専用のバッテリー!適合型番やサイズ、交換方法について, MFバッテリーがダメな3つの理由!バイクや車のバッテリーの密閉型と開放型の違いとは?, 【おすすめは?】ヤマハ・SR400のバッテリー!適合型番と交換方法、充電のやり方とは?, 【寿命がきたら】CB400SFのおすすめバッテリー!適合型番やサイズ、値段や交換方法について, 【スズキ】アドレスV125のおすすめバッテリー!充電や交換方法、適合型番や価格までご紹介. 圧倒的に多いと思います。 過充電に弱いって、ほんと? 上に書いたように、普段は内部で発生したガスを うまく水に リサイクルして いる のですが、 充電電流が 大きい充電、 あるいは 過充電をすると、 ガスの 発生量が リサイクル能力を 超えて しまいます。 過充電によって、バッテリーは以下の症状を引き起こします。 バッテリー液の減少; バッテリーの劣化; ガス発生による引火 または 爆発; バッテリーには、開放式バッテリーと密閉式(mf)バッテリーがあります。 過充電よりも. バッテリーが過充電で爆発しないなんて事はありません。 私自身、過充電で爆発したバッテリーは、密閉型で10個以上見ています。 爆発すると希硫酸と言う、たちの悪い液体が回り中に飛び散りますので、後の処理に手間が掛かります。