¨ã¨ã—て仕上げたいと思います。一つひとつの内容を細かく説明することはできませんが、PowerPointを開く前からレイアウトを作成するまでのすべての流れをまとめますので、この記事さえ読めば一通りのことは理解できると思います! ’に含むはずです。その画像と文字が関連していないと見ている側としては、あまり頭に入って来ません。見 … 会議や大学での授業、発表会など、パワーポイントの資料を作成する機会がある人は多いのではないでしょうか。今回はパワーポイントの基本的な使い方や知っておくべき便利機能、そして見やすい資料を作成するコツについてご紹介していきます。 パワーポイントのつかい方は知っていても、見やすくて、分かりやすいパワーポイント作りのコツを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。 写真に単色のテキストを入れると、背景との関係で 見づらくなる 場合があります。 そんな時の対処法を2点ご紹介しますのでぜひ取り入れてみてください。 文字のバックに色をつける. 資料を作成する際に、悩みがちなポイントであるレイアウト。スライドを作成してみたはいいものの、なんとなく「見づらい」「読みづらい」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。見やすいレイアウトを作成するには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。 ョン資料を作る際、きれいなデザインに仕上げるために意識すべきポイントをご紹介します。スライドのデザインを意識すれば情報も整理され、相手に伝わる度合いも格段と高くなります。デザインのコツを覚えましょう。 写真上の文字が見にくい時の対処方法. い文章が続く場合は、明朝体のほうが読みやすくなります。 2. ョン資料となるスライドに入力する内容は、伝えたい内容がわかりやすいことが絶対条件です。スライドに入力した文字が聞き手の印象に残るようにするには、文字を読みやすくする仕掛け … トモヤさんに聞くPower pointデザイン術 をご紹介します。ブラザーのWebサイトです。インクジェットプリンター・複合機PRIVIO(プリビオ)マガジンページ。暮らしに役立つ情報とプリンター活用術を紹介。 パワーポイントなどでのプレゼン資料の作成に役立つ、たった4つのデザインのコツをご紹介します。これさえ守れば、あなたの資料は劇的に美しく・読みやすく・分かりやすくなります。 資料内の文字数が多くなるときは、文字をアイコン化することで見やすくなることがある。 以下の資料では、Expected commercial availability(期待される商業時期)をアイコンで表現しており、何がいつ頃開始されるのかを一目見ただけで理解出来るようになっている。 パワーポイント 見やすい フォント 見やすいパワーポイントの作り方 フォント・配色・レイアウト . 僕は、パワーポイントでスライドを作るときに写真をたくさん使います。 写真は、スライド全体に表示させることも多いです。 文字だけでなく写真を使うメリットの一つは、見ている人に一発でイメージが伝わるということです。 見やすいパワーポイントは重要な部分だけを取り出し、文字をかなり少なくして作ってあります。 見ている相手にわかりやすくキーワードを見せ、補足説明は口頭で行うことを意識してパワーポイントを作るとよいでしょう。 させたいスライド等、パワーポイントでは写真を活… 見やすいプレゼン資料のデザインを理解!5つのポイント. プレゼンにおける資料のフォント選びは重要な要素です。パワーポイントでプレゼン資料を作成するときに役立つ、見やすいフォントの選び方やおすすめのフォント、相性のよいフォントの組み合わせなどのコツを紹介します。(9ページ目) パワーポイントで写真の上に文字を置くもう一つのテクニックとしては、文字のふちに白を足すことで、文字を見やすくすることができます。 パワーポイントをお使いでしたら簡単にできますので、是非試してみてくださいね! 「見やすく」の「レイアウト」の項目で解説したとおり、文字や写真、図などはできるだけ位置を揃えて配置した方が見やすくなります。 しかし、位置を揃えにくい図や文字、位置を揃えても 揃って見えない 図や文字が存在することも確かです。 ェーブなど)」になります。文字にもおしゃれで見やすくするノウハウがありますので紹介します。 これは、より文字に注目させたい場合に効果的です。背景を色だけにするよりも写真をぼかすと立体感のある表現にすることができます。 4.ラインを入れる. 色は基本的に黒(文字)+メインカラー、サブカラーの3色だけにしましょう。 ®ãŒã¤ãã“とをご存知でしょうか?プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツを紹介します。 ェーブなど)」になります。文字にもおしゃれで見やすくするノウハウがありますので紹介します。文字を組む上 12ポイント以下の文字を太字にすると文字がつぶれて読めないことが … 【パワーポイントを見やすくするコツ】2.色づかいにルールを設ける. 業家のための、パソコン&スマホの苦手克服隊!. ご自身で制作していて、見にくいプレゼン資料になってしまったり、誰かのプレゼンを見ていて、なんか見づらいな・・・と思った経験はありませんか?, その場合、情報量の多いスライドであったり、文字が小さすぎたり、色を使い過ぎたりなど、いくつかの原因が考えられますが、『色のコントラスト』にも気をつける必要があります!, プレゼンスライドを制作する際に、色を全く使わずモノクロで仕上げることは難しいです。必ずといっていいほど色は使いますよね。, だからこそ、基本的な色の使い方の基本である「コントラスト」を知っておく必要があります。, この記事を読んでもらえれば、あなたの資料は明日からめちゃめちゃ見やすくなります!!, 明暗の差が大きければ大きいほど、視認性が高まります。私はプレゼン資料制作という仕事柄、お客様の資料を拝見させていただく機会が多いのですが、コントラストについてあまり意識されていない資料が多いんです。, でも、私たちは見た目で判断してしまうんです。どうしても見た目が最初の判断材料になってしまうんです。, 例えば黄色にオレンジとか、青に緑といった近い色や、色の明るさが近いものだとその差がわかりづらいため、視認性が悪くなります。, また、色の差をつけるために「補色」を使う場合があります。補色とは、下の円状の図(色相環)にある反対側の色を使うと、お互いの色がより引き立てられるため、相性が良い色、とされています。ですが、補色を重ねて使用してしまうと、目がチカチカして見づらくなってしまうので、気をつけてくださいね。, 特にプレゼンテーションの場合、スクリーンまでの距離が遠い場合などは、より見づらくなりますので、注意が必要です。, さらによくあるのが、デザイン性を高めたくて、背景に色を置くこともあるかと思いますが、下の図では、背景に色があることで、協調したいと思っている赤文字が目立っていませんよね。それよりも黒文字のほうが目立ってしまっています。その下にある、背景が白の場合の方が明らかに読みやすいですし、協調したい赤文字が目立って見えます。, でも、ちょっと方法を間違えるだけで、それが仇となってしまい、逆に見づらくなってしまうんです。, 色の差をハッキリするためには「明るさの差」について考えていきます。コントラストをつけるために一番手っ取り早い方法は、色のついた背景の上に文字を置く場合、背景には濃い色を使い、文字は白文字にしてしまうことで簡単にコントラストのついたスライドを作ることができます。, また、色のついた背景に色のついた文字を置きたい〜〜!!という場合には、背景の色をできるだけ薄くして濃い色の文字を使うようにします。, 背景に色を使った時の文字の扱い方は、なんとなくお分かりになっていただけたと思うのですが、写真やイラストなどの画像の上に文字を置く場合にも注意が必要なんです!, 画像は全てが同じ色ではなく、文字を置く場所によって背景が明るかったり、暗かったりすることがあるので、ある部分では文字は読めるけど、ある部分では文字が読めない、ということがありますよね。, もしも、画像の調整方法がわからない、ということでしたら、パワーポイントで画像の上に少し透明にした黒色の塗りを置いたり、少し透明にした白色の塗りを置くことで、画像の濃さを調整することができます。, ただ、これまでに紹介した方法はあくまでも文字が主役で、画像は装飾程度、といった場合に使える方法です。スライドによっては、文字が見えることも重要だけど、画像をちゃんと見せたい!ということもありますよね?, この場合、画像を明るくしたり、暗くしたり調整することは、画像の本来の見え方と変わってしまうため、避けたいです。, そんなときには文字の部分だけ、背景に透明の色を置くことをオススメします。こうすることで、画像への影響を最小限に抑えることができます!, パワーポイントで写真の上に文字を置くもう一つのテクニックとしては、文字のふちに白を足すことで、文字を見やすくすることができます。, パワーポイントをお使いでしたら簡単にできますので、是非試してみてくださいね!パワポで文字に白フチをつけたい方はこちら↓↓↓, コントラストの付け方はとっても簡単です。曖昧な差ではなく、ハッキリと差をつけることを意識すればいいだけです!, 特にこんな色を使え、とかこの色の組み合わせじゃなきゃダメ、といったことはありません。とにかく見やすければいいんです!, 自分で資料を作っていて、「この色の組み合わせはちょっと見づらいかも?」と少しでも感じたら、それは確実にプレゼンを聞く人も「見づらい」と感じています。, なので、ちょっとでも自分で見づらさや違和感を感じたら、そのままスルーするのではなく、一度立ち止まって、どうすれば見やすくなるのかを考えるようにしてみてくださいね!, 色のついた背景の上に文字を置く場合、背景には濃い色を使い、文字は白文字にしてしまう.