住宅ローンを借りるときに、30年、35年と長期の返済期間で組むと毎月の返済額は少なくてすみます。その分、繰り上げ返済をして、できるだけ早くローンを完済したいという人が多くなっています。繰り上げ返済の方法で、どんな違いがあるのでしょうか? 毎年返済する、まとまった資金で返済する、いろいろな方法で比べてみましょう。, 仮に1.31%で繰り上げ返済の効果を計算しましたが、2013年以前の「フラット35」の金利は2.0~3.0%程度。現在と1%程度の差がありました。もしも現在の金利水準より1%程度高い金利で住宅ローンを借り、繰り上げ返済を考えているなら、繰り上げ返済よりも借り換えをするべきでしょう。 となり、当初の総返済額からは、488万円も浮かせることができるのです。 住宅ローンの返済総額を軽減する方法として繰り上げ返済があります。 毎月の返済とは別に返済することで住宅ローンの元金を減らすことができるのです。 繰り上げ返済を検討するにあたり、このような疑問や不安はないでしょうか? 繰り上げ返済は短期縮小型と返済額軽減型のどちらがいい… 繰り上げ返済とは. 住宅ローンの繰り上げ返済について迷われているのですね。繰り上げ返済をして利息を減らす方法もありますが、教育資金の準備も大切ですよね。ママ友のお話に驚いてしまったと思いますが、お金の事情は家庭によって異なります。 総返済額                4016万円 金利2.5%、借入金額3000万円、35年返済の場合、 「手元に余裕があるうちに住宅ローンの繰り上げ返済で金額を減らしておこう。」 「繰り上げ返済すれば返済期間も短くなるし、自分にとってベストな選択であるはずだ。」あなたは、安易にこのように考えてしまっていませんか?住宅ローンは普通、何十年も付き合っていくことになるもの。 住宅ローンの一部繰上返済には、手数料が必要です(インターネットでのお申し込みは無料)。 一部繰上返済時にかかる手数料はこちら ※ 保証会社事務手数料を平成29年5月15日に改定しました。 将来の年間返済額試算: 年目を試算 将来のローン残高試算: 年目を試算 住宅ローンの繰り上げ返済とは何でしょうか?早く借金を返済したいというのはわかりますが、繰上返済しすぎて手元にお金がなくなり「繰り上げ返済貧乏地獄」に陥ることも。繰上返済で失敗をしないためのコツを解説します。メリットとデメリットを十分理解しておきましょう。 鹿児島銀行は地域と皆様に密着した銀行です。地域貢献にも積極的に取り組み、お客さまにとって、いちばん頼れる、身近な金融機関を目指しております。 毎月返済額 10万7000円 住宅ローンの返済方法は大きく分けると2種類あります。1つめが「元利均等返済」で、2つ目は「元金均等返済」です。それぞれの返済方法のメリットやデメリットは何があるのでしょうか。住宅ローンの元利均等返済と… となりますが、5年後の残債2715万円を、金利1.5%、30年返済で組み直すと、 毎月返済額       9万3700円 住宅ローン一部繰上げ返済について。りそな銀行では、住宅ローン、投資信託、個人年金などお客さまのさまざまなニーズにお応えする多彩な商品をご用意しております。 総返済額  4504万円 住宅ローンを借りるときに、30年、35年と長期の返済期間で組むと毎月の返済額は少なくてすみます。その分、繰り上げ返済をして、できるだけ早くローンを完済したいという人が多くなっています。繰り上げ返済の方法で、どんな違いがあるのでしょうか? 住宅ローンはできるだけ繰上返済をして早く返した方がいい、借入額は少なく、返済期間は短いほうが賢い住宅ローンの賢い借り方と返し方だと言われます。しかし、それは間違いです。その非常識な理由とは? ローンの借り換えでは、登記費用などの諸費用がかかりますが、それを持ち出したとしても、利息軽減効果は非常に高いといえます。. 住宅ローンの返済をする際には、毎月無理なく返済できる金額にすることだけでなく、定年で収入が減った時に負担にならないよう返済期間に注意することが大切。繰り上げ返済や住宅ローン控除を利用すれば、住宅ローンの支払総額をお得にできる。 住宅ローン控除の最大控除額は、一般住宅であれば40万円で … 住宅ローン所終了となる10年後にまとめて繰り上げ返済した方がお得になる可能性があります。 その②:所得税・住民税による. 住宅購入の際に多くの人が契約する住宅ローン。「ローンを早く完済したい!」と繰り上げ返済を検討している人は多いのではないでしょうか。 しかしローン開始から10年間は住宅ローン控除の減税措置があるため、いつがベストなタイミングなのか気になるところです。 住宅ローンの総返済額を少しでも減らしたい、返済期間を短くしたいなら、表1の試算結果でも見られるように、まとまったお金が貯まってから繰り上げ返済するよりも、少額でも早めにこまめに繰り上げ返済を行う方が良さそうです。 当初5年分の返済額    642万円 住宅ローンの返済途中で元金の一部、もしくは全額を返済するのが繰り上げ返済です。 元金を減らすことでその部分にかかる利息がなくなるため、総返済額を減らすことができます。 繰り上げ返済には住宅ローンの負担を減らせるメリットがありますが、デメリットや注意点についても知っておく必要があります。 一般的に住宅ローンは長期に渡って返済を行いますが、そのローン返済の期間を短くするための方法として「繰り上げ返済」があります。繰り上げ返済を有効的に使うためには、どのような方法があるのでしょうか。今回は… 一般的に住宅ローンは長期に渡って返済を行いますが、そのローン返済の期間を短くするための方法として「繰り上げ返済」があります。繰り上げ返済を有効的に使うためには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、繰り上げ返済のメリットや繰り上げ返済で損をしないためのおすすめの利用法について紹介します。, 住宅購入は人生の中で最も大きな買い物の一つといわれています。金額が大きいことから、ローンを組んで数年かけて返済していく「住宅ローン」を利用する方が多いかもしれません。しかし、もし自己資金に余裕ができた場合などは、通常の返済とは別に、余裕資金によってローン残高の一部を繰り上げて返済することができます。これが繰り上げ返済です。, 繰り上げ返済をすることで、ローンの返済期間を少なくしたり、利息の負担を少なくしたりすることが可能になりますが、主に住宅ローンの繰り上げ返済には、2つのタイプがあります。, 1つめが、「期間短縮型」と呼ばれる繰り上げ返済で、毎回支払う返済額を変えずに、残りの期間を短くする返済方法です。2つめは「返済額軽減型」で、残りの期間は変えずに、毎回の返済額が少なくなる返済方法です。, 一般的には返済期間が短くなる「期間短縮型」の繰り上げ返済を利用する方が多いとされていますが、期間短縮型と返済額軽減型にはそれぞれ特徴がありますので、資金や目的によって上手に選ぶようにしましょう。, 繰り上げ返済とは、あらかじめ決まった返済とは別に、余裕資金によって元本の返済に充てることを言います。, それでは次に、繰り上げ返済のメリットについて紹介します。メリットとしては、主に以下の3つとなります。, 最初に、繰上げ返済を行う時期についてですが、ローンが実行されてから早いタイミングで繰り上げ返済をすることで、メリットが大きくなるといわれています。ローン開始時は家計に余裕がないことが多いかもしれませんが、繰り上げ返済をする場合はなるべく早く実行することで、カットできる利息が大きいのが特徴です。, また、短縮できる期間も、1年目に繰り上げ返済をした場合と、10年目に繰り上げ返済をした場合とでは、短縮できる期間が異なります。繰り上げ返済を検討している場合は、タイミングも重要であることを覚えておきましょう。, 次に挙げられるメリットとしては、住宅ローンの金利が高いほど、繰り上げ返済はメリットが大きいということです。例えば、期間短縮型の繰り上げ返済をした場合は、期間が短くなることで利息軽減効果が大きくなるだけでなく、定年後まであったローンの返済も、定年前までに完済して早めに老後資金への貯えにまわすことができます。, さらに、もし返済額軽減型の繰り上げ返済をした場合は、毎月支払う額が少なくて済むため、月々の家計が安定するといったメリットがあります。子どもの教育費や生活費などで出費がかさむ時期や、収入が減った場合の経済的負担を少なくすることができますし、少しでも自己資金を増やしたい場合は貯金などの貯えにまわすことができます。, それでは次に、繰り上げ返済の「返済期間短縮型」と「返済額軽減型」についてそれぞれ紹介します。まずは、返済期間短縮型についてです。, 前述した通り、返済期間短縮型で繰り上げ返済をした場合は、毎月支払う返済金額に変わりはありませんが、返済期間が短くなるため、短縮された期間の間に支払う予定だった利息が軽減されることになります。同じタイミングで、返済額軽減型の繰り上げ返済を行った場合と比較すると、利息軽減効果は期間短縮型の方が大きいという特徴があります。, 例えば、上記のように住宅ローンの借入金額が2,500万円で、適用される金利が全期間固定で3%だとします。最初は返済期間を35年間と設定してローンを組み、返済の途中で100万円の返済期間短縮型の繰り上げ返済をすると仮定します。この条件で概算した場合、返済期間1年後に繰り上げ返済をした場合の利息軽減効果は約167万円、5年後の場合は約140万円、10年後の場合は約110万円となります。, ローン返済をなるべく早く終わらせたいという方や、利息を効率的に減らしたいという方には、返済期間短縮型の繰り上げ返済がおすすめといえるでしょう。しかし、ここで注意したいのが、繰り上げ返済でいくら返済するかによっては、期間が短くならない場合もあることです。数十万円の繰り上げ返済の場合は、事前にどれくらい期間が短くなるかなどを確認するようにしましょう。, 次に、返済額軽減型の繰り上げ返済の特徴について紹介します。返済額軽減型とは、住宅ローンの返済期間は変わらないものの、毎月支払う返済額を引き下げる返済方法で、期間短縮型と比べると利息軽減効果が少ないですが、毎月の返済額が少なくなることで、家計を安定させることができます。, 住宅ローンの返済は長期間行われるものですので、計画的に資金を使ってきたい方は毎月の返済額を減らすことで、病気や災害などのリスクに備えることができます。また、将来万が一支出が増えてしまう場合に備えて、返済額を少なくしたり、変動金利などの金利上昇で返済額の上昇に備えたりするためにも、返済額軽減型は効果的といえるでしょう。, それでは、実際に返済期間短縮型と返済額軽減型のシミュレーションを行い、比較してみましょう。以下の条件の場合に、それぞれいくら節約になるのかを概算します。, 例えば、上記のように3,000万円の融資を、30年間3%の金利で借り入れると仮定します。この場合は、毎月支払う額は12万6,481円となり、30年のローンなので、全部で360回支払うことで、3,000万円を返済できることになります。さらに、毎月の支払額に360を乗じると、合計は4,553万円となるので、利息は全部で1,553万円という計算になります。, 借入額3,000万円、金利3%、返済期間30年、ボーナス払いなし 3回目の支払い時に100万円を繰り上げ返済した場合, 毎月支払う金額は、元金返済分と利息の2つで構成されていますが、元金返済分をいくら支払ったかにより、ローン残高が減る仕組みとなっています。ここで、もし3回目の支払い時に繰り上げ返済として100万円を支払った場合は、当然ながらローン残高も100万円少なくなります。, 利息軽減効果は期間短縮型の方が大きいことが分かりますが、毎月支払う金額が減り、かつ利息軽減効果がある返済額軽減型も、経済的負担を減らすメリットがあるといえます。, 返済期間短縮型と返済額軽減型ですが、それぞれ、どんな方にとってメリットがあるのでしょうか。まずは返済期間短縮型ですが、以下の条件に当てはまる方は、検討をおすすめします。, 30年以上の長期間ローンを組んだ場合は、借入時の年齢によっては定年後まで返済が続く場合があります。定年後は収入も不安定となりやすいため、退職金などでまとめて返済するという選択をする方もいるかもしれませんが、転職などをした場合は、想像していた退職金がもらえないという可能性もあります。また、退職金をローンの返済に充ててしまうと、老後の生活資金に影響を与える可能性もあります。, 定年までにローンを終わらせたい場合は、期間が短くなる「期間短縮型」の繰り上げ返済を行うことで、定年後の負担を軽減することができます。また、老後の生活資金を少しでも多く貯えたい場合は、返済が早く終わることで定年前の間に貯金をしやすくなります。, 例えば35歳で3,000万円の住宅ローンを35年の返済期間で組んだ場合は、70歳まで続く住宅ローンを途中で繰り上げ返済することで、60歳までにローンを終わらせることが可能になり、利息軽減効果で将来の経済的負担も少なくて済みます。, 次に、返済額軽減型の繰り上げ返済ですが、以下の条件に当てはまる場合は、こちらの方法を検討するのがいいでしょう。, 住宅ローンを返済中に、子どもの教育費で支出が増えたり、収入が減ってしまったりと、家計の変化によって従来の返済額では負担が大きいというケースも出てくるかもしれません。支出を少しでも抑えたい場合は、返済額軽減型の繰り上げ返済を利用することで、支出が増えた場合の負担を軽減することができます。, また、もう一つの返済額軽減型のメリットとしては、金利が上昇した場合に返済額が増えるのを抑えることができる点が挙げられます。変動金利型や、固定金利期間選択型のローンの場合は、金利の変動によっては毎月の返済額が増えてしまうことが考えられます。そこで、返済額軽減型の繰り上げ返済を行うことで、金利が高くなる前と同水準で返済することが可能になり、支出を抑えることができます。, 繰り上げ返済を行う場合は、どのタイミングで返済を行うことで、より効果的に負担額を軽減することができるのでしょうか。住宅ローンは期間が長ければ長いほど、負担する利子が大きくなりますので、早い時期からこまめに繰り上げ返済をすることで、利息を多く減らすことが可能になります。, しかし、ここで注意したいのが、住宅ローン控除と繰り上げ返済の関係です。年末時の住宅ローン残高の1%が、住宅ローンの最大控除額として設定されているため、繰り上げ返済を行うことで、年末時点での住宅ローン残高も少なくなり、戻ってくる額も少なくなります。, したがって、年末よりも年明けに繰り上げ返済を行うことで、利息の軽減率が高い可能性があるため、事前にシミュレーションをして確認するようにしましょう。, 繰り上げ返済を行うタイミングですが、まずは以下の条件で借入時から10年後に200万円の繰り上げ返済を行った場合と、20年後に200万円の繰り上げ返済を行った場合の利息の軽減効果と返済期間の短縮効果をまとめてみました。, 借入金額が3,000万円、金利1.5%、ボーナス加算なし、返済期間35年、期間短縮型の繰り上げ返済を利用した場合, ※条件:借入金額3,000万円、金利1.5%、ボーナス加算なし、返済期間が35年で期間短縮型の繰り上げ返済, 上記の結果からも分かるように、繰り上げ返済は早い時期に行うことで、経済的負担を抑える効果が大きいことが分かります。, 繰り上げ返済を行うことで、利息軽減効果を得ることができるほか、定年後までのローン返済期間を短縮し、早めに老後資金の準備をすることができます。一方で、繰り上げ返済をする際にも注意点があります。, 繰り上げ返済をするということは、まとまった資金を支出することですので、家計が苦しくなってしまうことも考えられます。繰り上げ返済を行う際は、計画的に実行することを心がけ、予備費などについてもしっかりと考えることが大切です。, 住宅ローンは10年以上の返済期間がありますが、早い時期に繰り上げ返済を行うことで、利息軽減効果が高いといわれています。しかし、住宅ローンの借り入れ金額や金利、繰り上げ返済の金額、契約者の年収などの条件によっては、繰り上げ返済を行うメリットが少なくなる可能性もあります。繰り上げ返済を行う前に、まずは比較検討を入念に行うことが大切だということを覚えておきましょう。, 前述したように、年末時の住宅ローン残高の1%が、住宅ローンの最大控除額として設定されています。そのため、繰り上げ返済を行うと、年末時点での住宅ローン残高も少なくなります。つまり、戻ってくる額も少なくなるのです。繰り上げ返済と住宅ローン控除については、シミュレーションを行い、比較することをおすすめします。シミュレーションについては、最後に例を示しています。参考にしてください。, 例えば、返済期間短縮型の場合は、利息の負担を減らすことができますが、月々の支払いは変わりません。急な出費があった場合に備えて、ある程度貯蓄をしていないと、家計が苦しくなってしまうことも考えられます。そのため、生活費や教育費などの兼ね合いも考慮して、繰り上げ返済を行う必要があります。, また、繰り上げ返済を行うことで住宅ローンの返済期間が10年未満になってしまうと、住宅ローン減税の適用がなくなってしまいます。住宅ローン減税の控除がなくなることで、家計の支出が多くなり、収入面で不安を抱える可能性もあります。住宅ローンは他のローンと比べると金利が低く設定されていますが、手元資金が不足してしまうかもしれません。生活が苦しくならないよう、繰り上げ返済のメリットとデメリットの両方を考慮した上で、長期的な資金計画を立てるようにしましょう。, では次に、繰り上げ返済と住宅ローン控除をシミュレーションし、どちらが経済的負担を減らせるのか比較してみましょう。住宅ローンの借入金額が多かったり、金利が高かったりする場合は、早い時期に繰り上げ返済をすることで負担を軽減することができますが、一方で、以下のように金利が低い場合などは、住宅ローン控除適用期間中に繰り上げ返済を行わなくてもいいケースがあります。, 利息軽減効果は繰り上げ返済の方が高いものの、住宅ローン減税効果は繰り上げ返済を行わない場合の方が高いことが分かります。このように、低金利の場合は繰り上げ返済のメリットが少なくなる可能性がありますので、事前にしっかりと比較検証することで、繰り上げ返済を有効的に使えるか、そうでないかの判断をすることができます。, 文:川添典子(住宅金融普及協会 住宅ローンアドバイザー/2級ファイナンシャル・プランニング技能士) 監修:株式会社エクスライト, 自営業でも頭金なしで住宅購入は可能? 無理なく住宅ローンを返済できる頭金の目安を解説, 住宅ローンの事前審査・仮審査とは?―審査基準と審査通過のためのポイント、落ちた場合の対策―, 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。, 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。, 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただいたものとします。. 繰り上げ返済は借入額と金利で決めよう! case380 稜線の家. 繰上返済時期 必須: 当初お借り入れから 、 年後に一部繰上返済 繰上返済金額 必須: 万円 繰上返済方式 必須: 期間短縮 返済額軽減. 毎月の返済額は、現在より少し増えますが、総返済額では604万円も浮かせることができるのです。 いえとち工房北はりま店の岸本です。 加東市・西脇市・小野市・加西市・明石市・三木市で新築をお考えの方で住宅ローンを効率的に支払いたい方も多いと思います。 そんな時は住宅ローンの繰り上げ返済をオススメします。 住宅ローンの返済時には、仕事環境の変化や転職等で収入が減ったなど、色々な事が起きます。ですが、住宅ローンは返済条件の変更や、繰り上げ返済という方法によって負担を軽くすることもできます。ここではそれら手続きやオススメの返済方法、注意点について解説します。 さらに、借り換えのときに、25年返済で組み直せば、 住宅ローンの繰り上げ返済はどうする!?住宅ローンを決める際、借入金額や毎月の返済額、返済方法、金利タイプなどいろいろと決めることを決め、確認すると思います。ただ、その際、将来の繰り上げ返済について、しっかりと考えられる方は少ないです。 借り換え後の総返済額  3258万円 住宅ローン残債2660万・返済年数31年。借り換えvs繰り上げ返済はどっちがおトク? 35歳年収540万、3人子持ちのひとり親が余裕で返せる住宅ローンは月いくら? 何に使っているかわからないけど毎月カツカツの30代夫婦「臨時収入で繰り上げ返済するべき? 毎月返済額       10万8600円 使用目的 住宅ローン ご意見・ご感想 計算がおかしい気がするので、報告します。 例 2800万円のローンで最初の支払い月に100万円を繰り上げ返済した場合と、最初から2700万円でローンを組んだ場合の利息額を比較した場合、上記のほうが利息額が大きく減っているのですが、あってます? 当初5年分の返済額    642万円 返済額軽減型は、繰り上げ返済をした金額を毎月の返済額に充当する方法になります。つまり、毎月の返済額が少しずつ安くなるようになるため、利息の減少額も少なくなるのです。 例えば、住宅ローンの金額が1,000万円で10年のローンがあった場合、100万円の繰り上げ返済を返済額軽減型で行ったとします。その場合1年目の返済額から10年目の返済額までが毎月均等に安くなるのです。そのため、実質的に「前倒し」で返済できている期間や金額としてはあまり多くはありません。 返済額軽減型のメリッ … 借り換え後の総返済額  3374万円 住宅ローンを賢く返済するためには、繰り上げ返済を上手に活用することが大切です。とはいえ、たまたまボーナスが多かったから、少しお金が溜まったからと無計画に繰り上げ返済をすることはおすすめできません。繰り上げ返済にもリスクがあるからです。 総返済額          3900万円 返済方式 必須: 元利均等 元金均等. 住宅ローンの繰り上げ返済とは、住宅ローンの支払利息の負担を軽くするための手段の1つです。では、繰り上げ返済をするとどれくらいの効果があるのでしょうか?住宅ローンの繰り上げ返済のメリットとデメリット、返済期間や返済額についてfpが解説します。 住宅ローンの金額はとても大きく、ほとんどの人が長い期間をかけて返済します。住宅ローンの金額が大きければもちろん利息も高くなりますよね。繰り上げ返済は、この利息を大きく減らすことができる効果的な方法です。 住宅を購入するときは、住宅ローンを利用する人が大半でしょう。 でも正直よくわからない、難しそう、と思い込んでいる方も多いかもしれません。 そこで、住宅ローンについて「これだけは知っておきたい」キーワードを10回に分けてご紹介していきます。